8年。

こんにちは。さんりみえです。

東日本大震災・原発事故から8年

昨年10月、私は気仙沼・三陸を巡るバスツアーに参加してきました。

そこで主に津波の被害が大きかった被災地の現状を見たり、
実際に震災を経験した「語り部」さんのお話を聞くことが出来ました。

語り部さんの1人は、高校生の女の子で、3月11日に被災地の現状を伝えるべく、東京の街頭で募金活動や呼びかけをした時、
「あぁ、今日3月11日か〜」
と言われたという話をしてくれました。

いま確かに感じていること。

8年の月日が経てば、あれだけ混乱した日々でも忘れていくのは当然のことでしょう。

しかし、被災地・被災者にとっては、
仮設住宅
何も無い海岸線
取り壊された家…
それらが日常の景色になっているとしても、まだまだ問題が山積みの現実です。

せめて今日という日は、皆さんの心の中で「忘れてないよ」という気持ちを込めて、東北に向けて祈ることが出来たら、またステキな世の中になっていく気がします。

そして、
・旅行の候補地に東北を入れる
・東北産のものを食べる
そんな小さな選択とも思える応援を、たくさんの人が続けていけたら、東北が元気を取り戻し、笑顔が増える日も近づくのではないかと思います!

さんりみえは東北を応援しようと始まった活動です。
これからも本当に微力ではありますが、ずっと東北とココを繋ぐ活動をしていきます。

どうかみなさんもお付き合いください。