ごあいさつ

☆店主プロフィール☆

こんのさおり

平成3年生まれ(26歳)

好きなもの:モノ作り・音楽・動物
苦手なもの:冷たい視線
好きな食べ物:甘いもの。主食は麺・パンより米派。笑
苦手な食べ物:果物類・豆類など(アレルギーの為)



◎さんりみえ設立の経緯◎
千葉県生まれ埼玉育ち。父の実家が福島県浪江町で、心の故郷。海も山もあり自然豊かで、生活に困らない程度に便利で、温かい人が多い町です。
東日本大震災で倒壊・津波被害、その後の原発事故の影響により、現在も人の住めない町のひとつです。
事故当時、双葉病院に入院していた祖父が震災3ヶ月後に亡くなり(震災関連死)、震災後はじめて福島県へ足を運びました。
勿論浪江町に入ることはなく、流された町を目にした訳でもなく、ハッキリとした震災の足跡は関東でも見ることのある倒壊程度でしたが、明らかに違う点がありました。
それは人です。まさに絶望。それが東北の空気になっているようでした。
そんな中で、祖父の葬式にはこれでもかという程の人が集まりました。そこで始めて生存確認が出来た人も沢山いました。まさに祖父の人望が成したこと。
福島に行って始めて『震災』というものを実感しました。そして何かしたい気持ちが芽生えました。
時が経つと関東では震災は終わった出来事になっていって、忘れて欲しくない気持ちと、死んでも浪江の墓に入れない祖父の無念さを思うと、居ても立っても居られなくなり、幼い頃からの目標だった自分の店を持つことで、東北応援に繋げようと考えました。
(祖父に関しては書籍「プロメテウスの罠2」に載っています)
小学校高学年から自分の店を持つことが夢で、高校時代から飲食店で働き経験を積んで来たので、時期が少し早まっただけで、やりたい気持ちが大半です。
こうして震災から一年半後、20歳でさんりみえを設立しました。


◎ピタ焼そば◎
ピタ焼そばは完全当店オリジナル商品で、当店でしか食べることが出来ません。
さんりみえcafeで販売した 焼そばバーガー が好評で、更に「美味しく」「食べやすく」「ワンハンドでオシャレ」にしたのがピタ焼そばです。
ケバブなどによく使われているピタパンに焼そばを挟んでおります。
2015年4月にリニューアルし、ナンに似たピタパンに合わせて「カレー風味焼そば」に。更に改良を重ね、現在の具は 刻み野菜(じゃがいも・人参・玉ねぎ)と甘辛鶏ひき肉で、パンにマヨネーズを塗り、まろやかな甘さとカレーの辛さが楽しめるお味となっております。

◎個人店◎
フランチャイズ等に所属せず個人店ですので、全て自らプロデュースしています。
ジャンルに限らずモノを作るのが好きなので、移動販売の改造・商品開発・POPなど、殆どを一から制作しています。
高卒で経営の知識など微塵もありませんが、なんとか営業しております。
仕入れ・調理・接客、その他殆どを一人で運営しています。(複数人での営業も可能です)

◎最後に…◎
移動販売を求めている方・さんりみえに出店して欲しい!と思って下さった方は勿論、東北応援に協力したい・何かしたい方、又私と話してみたい!でも結構ですので、お気楽に「お問い合わせ」やSNS等を利用してご連絡ください。
言うまでもなくお客様としてご来店されるのも大大大歓迎です!!
長々とここまでご拝読頂きありがとうございました。今後ともよろしくお願い致します。